IMG0192.jpg
あの想像を絶する悲劇の跡地。

一歩足を踏み入れたら、言葉が出ませんでした。

今も忘れるコトなくその場にある多くの写真、大切な人への想いを綴った手紙。

これを見たら言葉だけかけるなんていう偽善的行為はできないと思いました。

言葉を発信するというのは人それぞれですが、私はこういった惨劇や少々の地震が起きた時でも「皆様大丈夫ですか?心配です」「遠くからご冥福を。。。」なんて言葉をかけられません。

なぜなら自分は安全な場所にいて無傷でいるから。

たった今起きた惨劇に状況に、その言葉が何をもたらしてくれるのか。
大丈夫じゃないと言われても何もできないのに。

そういった言葉は自分が傷を背負った人達に何か物理的行動を起こした時にだけ言える言葉だと思っています。

閑散とする跡地を見て言葉だけの発信は無意味だと、改めて考えさせられました。

(あくまで咲坂の考えです。これ以外の考え方を誹謗中傷している訳ではありません。)


Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
咲坂 芽亜
性別:
女性
職業:
少女漫画家
趣味:
ショッピング、cuteなモノを探すこと
自己紹介:
現在、小学館『ちゃお』、『ぷっちぐみ』で描いています★

 

♪虎は甘く牙で噛む♪

 

♪虎は甘く牙で噛む〜2nd〜♪

 

このブログについて

このブログ内の文章、画像、内容等は無断転載、流用禁止です。 このブログの情報を使用した事によって使用者が受けた損害は、いかなる場合においても一切補償できません。

また、このブログは小学館とは関係ありませんので問い合わせ等しないようお願いいたします<(_ _)>

 

バーコード

 

バナー

リンクフリーです。 直リンクは禁止です。

 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

アクセス解析