143112.png
ただいま発売中のFC読み切り集『どうぞ、召し上がれ』
感想等のコメントもありがとうございます

読み切り集にある『彼に想いを伝える方法』で大変お世話になったのはイギリス人のMr.ウィリアム
お礼も兼ねて彼のお話を1つ。。。


咲坂はあまり異文化に触れたコトがないので、彼は一体どんな行動をするのだろうと1年間ずっと観察して。。。というと、ストーカー的行為に聞こえますが(笑)、ちゃんと面と向かってお話しながらその中で起きた出来事を脚色して咲坂的ウィリアムが出来上がりました。

本当のウィリアムはイギリス人らしいものすごーく紳士的でいい人なんですが、咲坂の漫画力が足りず、なんともイギリス人らしからぬ感じになってしまったのが。。。悲しい

そんな彼は作中にあるどら焼きネタを提供してくださいました。

「お菓子で何が好き?」と話していた時、おもむろにバッグから取り出したのがどら焼き

外国人の方は黒い物体が苦手という先入観があったので(例えばお寿司の巻物の海苔とかあんことか)、かなり衝撃でした

彼は満面の笑みでこう言いました。

「I like DorayakiMy Oyatu

おやつがどらやき。。。

咲坂より日本人なウィリアムでした。
141511.jpg
ウィリアムもそうですが、咲坂が出会ったイギリス人の方はとても紳士的。

優しいし、気遣いまくるし、照れ屋さんで自分のコトをとても謙遜する。
日本人に近い感覚だなぁとよく思います。

例えば、分からない英単語をノートにメモしてもらった時「雑な字でごめんね」と毎回申し訳なさそうに言ったり、「日本語上手だね」と言うと「僕なんてまだまだ、君の英語も上手だよ」とお世辞と分かっていながらも言ってくれます。

そして、髪型やネイルを変えると「かわいい髪型、ネイルだね」と即気付いて言う彼ら。

なんて漫画的、乙女的展開
日本人の男の人が言うと「チャラいなぁ」と思うコトが、彼らが言うとジェントルワードに変わるマジック(笑)
恋に堕ちる瞬間ってこういう時なのかなと。

そんな時そう思いながら「漫画に使える」と思う咲坂は乙女失格なワケですが。。。

ただ、謙遜していても実はめっちゃ自慢してる、という場合もあるのでまだまだ直訳しか出来ない咲坂はいつもその恐怖と闘っています

そんなトコも日本と近いイギリス。

Mr.ウィリアム、たくさんの添削やらアドバイスありがとうございました!!




Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
咲坂 芽亜
性別:
女性
職業:
少女漫画家
趣味:
ショッピング、cuteなモノを探すこと
自己紹介:
現在、小学館『ちゃお』、『ぷっちぐみ』で描いています★

 

♪虎は甘く牙で噛む♪

 

♪虎は甘く牙で噛む〜2nd〜♪

 

このブログについて

このブログ内の文章、画像、内容等は無断転載、流用禁止です。 このブログの情報を使用した事によって使用者が受けた損害は、いかなる場合においても一切補償できません。

また、このブログは小学館とは関係ありませんので問い合わせ等しないようお願いいたします<(_ _)>

 

バーコード

 

バナー

リンクフリーです。 直リンクは禁止です。

 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

アクセス解析